ぴんくまさんの便秘対策室
ホームリンクサイトマップ

ホーム > 便秘の種類と原因 > 便秘の原因

便秘の原因

便秘はどうして起こるのでしょうか。女性で便秘に悩む人は数多くいます。どうして定期的に排便が促されないのでしょうか。年齢があがるにつれて、便秘に悩む人も増えてきます。それは何故なのでしょうか。

どうして便秘は女性に多い?

女性に便秘が多く見られる原因として、身体的なこととホルモン的なことがあります。身体的なことから説明していきましょう。

身体的理由

女性の場合、男性よりも骨盤が広くなっています。そのため、骨盤内に腸が落ち込みやすくなり、腸は曲がりくねっているのにたるんでいる状態になるのです。

腸がたるんでいると、便が通過する時間も長くかかってしまいます。小腸ではまだ水分を含んでいる便も、大腸に長く留まることによって、必要以上に水分が吸収されてしまい、大腸を通過しにくくしてしまいます。

女性は腹筋や横隔膜も弱く、便を出す力も弱いのです。これも女性が便秘になりやすい大きな原因の一つとも言えるでしょう。

ホルモン的理由

女性に便秘が多いのは、黄体ホルモンが便秘の要因になっているからです。

この黄体ホルモンは、腸の中から水分を体の中にためこもうとする働きを持っていて、便を硬くする働きがあります。黄体ホルモンは子宮にも影響し、子宮の収縮を抑える作用もあるため、これが腸を動かす筋肉に影響します。これにより、便の通過を悪くして便秘になってしまうのです。

もちろんこればかりが原因ではなく、筋腫や卵巣嚢腫が大きくなり、腸を圧迫することで便秘を引き起こす場合がありますので、この場合は産婦人科の診察が必要です。

環境の変化

普段は普通に排便があるのに、環境の変化によって便秘になる人もいます。1日の生活のリズムが狂うことで排便のリズムも狂ってしまうのです。

旅行に行ったりすると便秘になってしまう人がいるのはそのせいです。これは一時的なもので、普段の環境に戻ると便秘も解消されるでしょう。

女性は汚れているトイレに入りたくない、誰かと同室になってしまい、排便がしづらいなどの理由で便意を我慢しがちです。普段から便秘がちな人は、益々出なくなってしまうでしょう。日頃からの腸内環境を整える必要がありますね。言い方をかえれば、羞恥心から排便を我慢したりするので、自らが便秘の原因を作っていると言ってもいいでしょう。

▲ Back Top

睡眠不足

睡眠不足と便秘にどんな関係があるのでしょうか。
睡眠不足になると自律神経が乱れてしまいベンピになりやすくなります。

自律神経は交感神経と副交感神経があり、私たちの体を動かしています。副交感神経がよく働くのは夜で、便が主に作られるのも夜なのです。夜、就寝時にも蠕動運動を繰り返している腸によって便が作られているのです。

睡眠不足になると、便が十分に作られず、起きているとき、寝ているときの体のリズムも乱れがちになり、結果的に自律神経が安定せずに便秘になってしまうのです。睡眠不足は便秘だけではなく、体調にも大きく影響します。引き金となって様々な疾患を招いてしまいますので、毎日の生活をリズムよく、規則正しい生活を送ることが健康への第一歩になるのです。

蠕動運動(ぜんどううんどう)

蠕動運動(ぜんどううんどう)とは食道から直腸までの消化管の臓器が収縮する運動のことを言います。

この動きは自律神経が司っているので、私たちが意識的に動かすものではありません。

物を食べたり水分を摂ったり、運動することによって刺激になり、活発に動きだします。加齢によっても蠕動運動は低下し、大腸の蠕動運動の働きが低下すると便秘になりやすくなります。

蠕動運動が弱すぎると弛緩性便秘になり、反対に強すぎると痙攣性便秘になってしまいます。

▲ Back Top