ぴんくまさんの便秘対策室
ホームリンクサイトマップ

ホーム > 脱!便秘 > 便秘薬

便秘薬

常に便秘に悩まされている人は、市販の便秘薬を購入して飲んでいる人も少なくないでしょう。できればオリゴ糖などで便通をよくしたいものですが、薬に頼らなければ出ない人もいるでしょう。ベンピ薬にはどんなものがあるのでしょうか。市販のものはちゃんと薬剤師に相談して購入していますか? 食生活や生活改善をする努力もせずに、いきなり薬に頼ってしまってはいけません。そうなると便秘薬が手放せなくなってしまいます。

どんな便秘薬がいい?

市販されている便秘薬といっても数え切れないくらい、様々なものが販売されています。

便を柔らかくして出すもの、腸を刺激して、無理やり運動させて出すもの、腸内のすべりをよくして便を出すものなど様々なのです。使われている成分も強く作用して腹痛を起こすものから、効き目の優しいタイプのものまであります。

それまで便秘薬を飲んだことがないのに、センナなどが入った効き目の強い薬を飲むと、腹痛を起こして大変なことになります。最初は効き目の優しい、漢方成分などでできている薬にしましょう。

できれば市販されているものではなく、病院で処方してくれるものがお勧めです。市販されている薬が悪いというわけではありません。

自分の便秘のタイプにちゃんとマッチしている便秘薬を飲むのが重要なのです。

便秘薬は便秘を治すものではなく、一時的に便秘を解消するだけのものだということを常に頭に入れておかなければいけません。

薬に頼っていいの?

上記したように、便秘薬は便秘を治すものではありません。一時的に便秘の症状を改善するだけに過ぎないのです。

常に便秘に悩まされている人で、薬を手放せなくなっている人もいるのではないでしょうか。薬の力を借りて無理やり便意を起こすのです。これは自然なこととは言えません。

最初は規定の錠数でも効いていたものが、徐々に効き目が弱く感じるようになってしまい、飲む量がどんどん増えていってしまいます。結果的には、自分で便意を感じることがないまま、薬だけに頼って排便するようになってしまいます。

ですから、便秘薬を使うときは、どんな努力をしても出ないときだけにした方がいいでしょう。

そうでなければ、自分の体が腸を動かすことをやめてしまうのです。薬を常用するということは、肝臓に負担をかけているということでもあります。飲んだ薬は一度肝臓に運ばれて分解され、血液に成分を乗せて体の中に作用します。医者や薬剤師の指示に従って、容量を守って服用しなければいけません。

浣腸を使う?

便秘薬と浣腸の違いは、便秘薬は夜飲んで朝出すのが目的です。一方浣腸は、出したいときに出すときに使用します。

便秘薬は飲んだからといって、すぐに出るものではないのです。ちなみに浣腸も、便秘を一時的に解消するものであり、便秘を改善するものではありません。普段の食生活や生活習慣を見直して便秘の改善をはかり、どうしても出ないときに、浣腸の効果を借りるのであればいいのではないでしょうか。

また、ベンピ薬ではなく、浣腸を使った方がいいという人もいます。高齢者、腹筋の弱い人、手術直後、高血圧の人、動脈瘤のある人などがそうです。

浣腸を使用するときの注意

浣腸は、使ってすぐに便意をもよおします。

けれど、その便意を感じるままに排便しようとすると、浣腸液しか排泄されません。苦しい思いをして便が出せないのではどうしようもありません。浣腸を使ったら、少なくとも2~3分は排便を我慢しなければいけません。内容物が出て下着を汚さないためにも、お手洗いで使うといいでしょう。浣腸も便秘薬同様、常用していると自力で腸を動かすことができなくなってしまいますので、注意が必要です。

中には便秘薬と浣腸を使わなければ排便できなくなってしまっている人もいるようですが、そうなる前に、必ず病院に行かなければいけません。便秘も放っておくと命に関わることもあるのです。

▲ Back Top