ぴんくまさんの便秘対策室
ホームリンクサイトマップ

ホーム > 妊娠時と赤ちゃんの便秘 > 妊娠時の便秘

妊娠時の便秘

妊娠すると便秘になりやすくなります。妊娠・出産経験のある人ならお分かりでしょう。
では、何故便秘になるのでしょうか。妊娠初期から段階を区切り、出産後までの便秘についてです。

妊娠初期の便秘

妊娠4ヶ月くらいまでの妊娠初期の便秘について紹介します。女性は黄体ホルモンによって体調が左右されがちです。

この黄体ホルモンの影響で便秘が引き起こります。妊娠することによって黄体ホルモンの働きが活発になり、だいたい妊娠4ヶ月くらいまでこの状態が続きます。ですから、この期間はどうしても便秘になりやすいというわけです。

特に妊娠初期は、つわりやつわりのひどくなった悪阻により、どうしても食事量が減少しがちです。必然的に便の量も減るわけで、益々便秘になる条件が揃ってしまうのです。妊娠初期を過ぎると、黄体ホルモンの量も徐々に減少してきます。つわりも治まる頃で、便を出しやすい条件が整います。

妊娠中期の便秘

妊娠初期を過ぎるとつわりも治まり、食欲も出てくるでしょう。黄体ホルモンの影響が少なくなるので、一時便秘は陰を潜めるかもしれません。

ただし、妊娠中期になると徐々にお腹が大きくなり、子宮が腸を圧迫し始めます。黄体ホルモンとは関係なく、物理的な便秘になってしまうというわけです。

子宮が大きくなることにより血管も圧迫されます。妊婦が静脈瘤になりやすいのを見てもわかるように、下半身がうっ血しやすくなります。このうっ血が痔を引き起こし、排便の際に痛みが起こり、痛みが嫌で便意を我慢しがちになります。

こういうことが便秘を進ませてしまう原因になるのです。

排便の際は、いきまなくてもスムーズに出ることが理想ですが、やはり多少いきんでしまうものです。普段から便秘がちであればいきむ癖もついているでしょう。妊娠するといきむこと自体が恐ろしい行為に思え、これまでいきまなくては排便できなかったものが、益々出せなくなってしまいます。

便秘になって苦しくなってしまうと、ストレスになり、胎児にもいいとは言えません。

なるべく水分を多く摂り、便を自然に出す努力をしましょう。どうしてもでない場合は、産婦人科医に相談して、お腹に影響の少ない薬を処方してもらいましょう。

出産後の便秘

めでたく出産を迎え、幸せな気持ちでいながらも、便秘になってしまう新米ママが多いようです。

出産後に便秘になるのは、出産時に会陰切開をした傷が痛く、便意を我慢してしまうことと、母乳で体の水分が取られてしまいますので、水分不足で便秘になってしまいます。

母乳を出すためにも便秘にならないためにも、出産後は常に水分を多く摂りましょう。会陰切開の傷が痛くても、便意を我慢せずに頑張って出しましょう。

出産後の便秘経験

それまで私は便秘というものを知らずに生きてきました。毎日快便で、多いときには1日になんども排便があったくらいです。

娘を出産し、会陰切開をしたのですが、経験者であればお分かりのように、とにかく動くたびに傷がとんでもなく痛いのです。そして入院した産科は洋式ではなく、和式のトイレでした。傷が痛くてしゃがむだけでも一苦労です。便意があっても、しゃがんでいるだけでも痛いのに、母乳で水分を取られ、硬くなった便を出す勇気がありませんでした。

結果、出産後1度も排便をしないまま5日がたち、浣腸をしたのですが数分我慢したにも関わらず浣腸の液しか出ず、大変苦しい思いをしました。結局入院中は一度も排便ができず、退院する前夜に浣腸と便秘薬を飲んだのですが、ようやく出すことができたのはその二日後でした。

傷が痛いのは抜糸が済んでいたので平気でしたが、1週間分の便が一気に飛び出したという感じです。あれ以来、便秘というものを知らずに現在まできていますが、1週間便が出ないということは、とんでもなく辛く苦しいものです。

▲ Back Top